img-1

銀行のネットバンキングに申し込みをした理由

このたび、開設している三つの銀行をすべてネットバンキングに申し込みをした。

理由はいろいろある。

まず、通帳残高がすぐに確認できる。それから振り込みが自宅で可能になる。

最も大きいのがこれだ。

私の場合インターネットを通した買い物が多い。


出不精なわけではないが、日用品から洋服に至るまでほとんどをインターネットショッピングで済ませている。

横浜の法律事務所について詳しく書かれています。

理由は地方住まいの場合限られた店舗で商品が選べないことと、何よりも販売員の熱い目線と戦わなくても良い。

大阪の相続のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

私はこれが苦手でアパレルショップに行けない。


最近では婦人売り場にも男性店員がいるのでますます遠のいた。

京都の弁護士関する情報選びといえばこちらのサイトです。

その点インターネットでは世界中にある製品を一発検索で探し出すことができる。

特にこれという商品が決まっていれば、後は品定めをするだけでいいのだ。

横浜の法律相談について考えます。

しかし、地元の銀行で申し込んだネットバンキングは何と初回から3回までが振り込み手数料が無料というだけで、そのほかは210円の手数料がかかる。

神戸の相続放棄について詳しく書かれています。

そこで、サービスの良い銀行はないかと調べてみたら、インターネット銀行というものがあった。

金利も通常の銀行よりもよく、手数料もかからない。

インターネットをよく利用する私にとってはこの銀行を開設せずにはいられないとさっそく申し込んだ。ただし、心配なのはクレジット会社にしろ銀行にしろ情報の漏えいである。


最近合った例では某ゲーム会社からの情報の漏えいが新しいのではないだろうか。
それ以降セキュリティの強化がされたというが、それでも利用する立場としては不安が消えることはないだろう。

http://girlschannel.net/topics/436764/

そんなに不安になるほど銀行に預金があるわけではないのだが、誰にとっても大切なお金である。実はインターネットだけにかかわらず、銀行にまつわる事件は多い。
特に高齢者を狙った振り込め詐欺は大きな問題になっている。

最近では銀行の入り口付近にサービス係がいていろいろと親切に相談にのってくれるのでありがたい。

是非利用してもらいたいと思う。

娘が幼稚園に通うようになってから、保育料等を窓口に振込に行かなくてはいけないので、銀行へ行く回数が以前より増えました。

幼い子供を連れて歩くには、最寄りの銀行でも距離があるので公共交通機関を利用したり、車で行ったりします。
娘は公共の乗り物が大好きなので、銀行へ行くのが楽しみなようです。

私にとって銀行とは、通帳の繰り越しをしに行くなどの用事でしか行かないところだったので、どこの銀行へ出向いても、行員の方の感じの良さに驚きます。


私だけでなく、娘にもにこやかに挨拶をしてくれたりするので、娘にとっては社会勉強の場にもなっているようです。

私は銀行の待ち時間の間に、壁にたくさん貼ってあるポスターを見るのが好きです。テレビをゆっくり見る時間がほとんど無い私にとって、その時間は経済情報を仕入れる貴重な時間になります。

http://allabout.co.jp/gm/gc/460622/

新聞も読みますが、活字だと読み落としがちなフレーズが大きく書いてあったりすると、すんなりと頭に入り記憶にも残るので、時間のある時にじっくり調べたり家族に聞くことができます。
株や為替などの難しいことはわかりませんが、改めて知れることや、こういうものを利用したら便利になって節約にもなるなど、主婦にとってありがたい知識の情報源になっています。

http://okwave.jp/qa/q7966496.html

また、以前会社に勤めている時は、毎日両替に行ったり、お店の売り上げを夜間金庫に預けるなど、今思うと自分が銀行から遠ざかっていたことや、当時から銀行まで歩く道のりや、行員の方達の笑顔に癒されていたことにも気付かされました。

かと思うと夜間金庫に行かなくてはならないときは、いつもの距離が遠く感じ、売り上げの多い日もそうじゃない日も、お金の重みを感じながら、預け終えるとほっと胸を撫で下ろしていたことを思い出します。
生活サイクルが変わると、近くなったり遠くなったりしますが、私にとってはお金のありがたみを感じられる場所であり、笑顔に出会える癒しのスポットになっています。

関連リンク

img-2

銀行系クレジットカードの優遇

銀行系クレジットカードとは、大手銀行だけでなく地方銀行やネット銀行まで銀行の名前が付けられているクレジットカードのことをいいます。銀行が母体となって発行しているクレジットカードのことをいいます。...

more
img-3

インターネット銀行の定期預金などで資産運用

最近インターネット銀行の定期預金などで資産運用を行っている。メインバンキングとして利用している地方銀行の定期預金が全くと言って程利息が付かず、いくらお金を預けていても無駄な時間を浪費することに繋がると考えたので利率のいい銀行を探してみた所、インターネット銀行の期間限定定期預金利率増加プランを発見したことがきっかけだった。...

more